デリケートゾーンの黒ずみ解消にはこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デリケートゾーンの黒ずみは、女性にとって顔の肌のシミや雀斑に次いで一番気になる美容の悩みでもあります。このページではデリケートゾーンが黒ずむメカニズムから、デリケートゾーンの黒ずみ専用のケア商品「イビザクリーム」について紹介していこうと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係

黒ずみとメラニンの関係って?デリケートゾーンは、場所が場所だけに顔のスキンケアと同じように化粧水や乳液のケアで改善できるのか疑問に思う人も少なくないでしょう。
実はデリケートゾーンが黒ずむ要因は、メラニン色素の過剰な量の発生によるものです。
メラニン色素と言えば、外で紫外線を浴びた時に肌を保護するために発生するイメージが大きいですが、実はデリケートゾーンの場合はほぼ24時間履いている肌着や衣服が常に肌に接面する事で黒ずみの原因を作ってしまっています。
ですから、デリケートゾーンの黒ずみを正しくケアするには、逸早くメラニン色素の活性化を抑制し、新しい肌の表皮の再生をスムーズに促してあげないといけません。

肌への刺激を少なくする

肌への刺激を減らすまた外面からの刺激回数を極力減らし、デリケートゾーン周辺が湿気で籠らないように通気性を良くする事も必要です。
既存のデリケートゾーンの汚れを落とすには、市販のボディーソープや固形石鹸では肌内部のメラニン色素まで完全に洗い落とす力がありません。かと言って、レーザー脱毛や極めて美白効果の高いハイドロキノン配合の軟膏も副作用が懸念されるので、自宅でのスキンケアを一から見直すのがベストです。

肌を保湿してくれるクリームがオススメ

そこでお勧めなのが、肌を柔らかくする保湿成分が豊富に含有された黒ずみ対策に特化した美容クリームでのケアです。
デリケートゾーンは非常に空気の乾燥に弱い部分でもあるので、症状をそのまま放置しておくとカサカサとした痒みを誘発し、そのまま色素沈着を促進してしまいます。

デリケートゾーン専用のイビサクリーム

デリケートゾーン専用クリームの中でも、返金保証もあるイビサクリームは肌の代謝機能を高めるトラネキサム酸や、肌荒れを予防してキメを整えるグリチルリチン酸などが配合されており、肌の内側からメラニン色素の働きを抑えてくれる作用があります。

又、他にも保湿や美白作用のある優しい植物素材が使われているので、肌を傷める事なく永続的に自宅で安全にケアできるのがメリットです。
このようにデリケートゾーンの黒ずみは、高級な石鹸やレーザーで処置するよりもスキンケア商品の見直しで改善される事も多いので、余りナーバスにならずに手入れに努めてみましょう。

ib

btn
 

デリケートゾーン黒ずみ解消ランキングTOPヘ